韓流スターイ・ジュンギのプロフィールと2022年の活動予定

2016年の作品、「麗ーレイー花萌ゆる8人の皇子たち」で
メインキャストだったイ・ジュンギさん(以降敬称略)。
孤独で愛情に飢えている第四皇子ワン・ソを、繊細で感情豊かに演じ切りました。
激しいアクションシーンも自分でこなしてしまうほど、運動神経も良いです。

麗ーレイー花萌ゆる8人の皇子たち
第4皇子ワン・ソ/イ・ジュンギ
中央、仮面をつけているのがイ・ジュンギ
乗馬もお手のもの

そんな、イ・ジュンギの詳しいプロフィールをご紹介します。

目次

イ・ジュンギのプロフィール

イ・ジュンギ
  • 名 前: イ・ジュンギ (Lee Joon-gi)
  • ハングル表記: 이준기
  • 漢字表記:李準基
  • 生年月日: 1982年 4月 17日(39歳)
  • 身長/体重: 178cm, 63kg
  • 出身地:釜山広域市生まれ、慶尚南道昌原市出身。
  • カテゴリ: タレント、俳優
  • デビュー: 01年<So.Basic>誌面広告モデル
  • 学 歴ソウル芸術大学映画科
  • 家族: 長男(1男1女)
  • 血液型: B型
  • 干支(えと): 戌
  • 星座: おひつじ座
  • 趣味/特技: テコンドー、合気道、歌、ダンス
  • 宗教: カトリック教
  • 軍隊: 2010,5,3 ~2012,2,16 陸軍

イ・ジュンギの経歴

  • 2001年「So, Basic」の紙面広告モデルとしてデビュー。
  • 2004年『ホテル ビーナス』でボーイ役を演じ、映画デビュー。
ホテルビーナス出演者たち
ホテルビーナス主演の草彅剛さんとの2ショット
イ・ジュンギが若いです!当時22歳。
  • 2005年『王の男』で中性的なコンギル役を演じ、韓国で「綺麗な男シンドローム」「イ・ジュンギ旋風」を巻き起こす。
王の男(2005年作品)当時23歳
右側がイ・ジュンギ
イルジメ〜一枝梅
  • 2009年『ヒーロー』でMBC演技大賞人気賞受賞。
  • 2009年 マキシシングル『J-STYLE』を発売。各チャート1位を獲得。
  • 2009年 韓国を皮切りに中国と日本でファンミーティングを開催。
  • 2009年 神戸、横浜でファンミーティング「2009 in JAPAN for SPLENDOR」を開催。
  • 2010年5月3日忠南論山陸軍訓練所に入所して、5週間の基礎軍事訓練を受けた後、現役で軍服務に臨む。(同年4月30日自身のミニホームページに”一歩遅れた入隊だが、誰より堂々としていて格好良く無事に終えてくる計画”と明らかにした。彼は当初映画『グランプリ』とドラマ『神医』を撮影する計画だったが、入隊で出演することができなくなった)
兵役中のイ・ジュンギ

人柄・エピソード

顔つきが日本人に似ていたため、学生時代に「ナカムラさん」というあだ名を付けられた。

ホームページに親日であると書いたため韓国で強い非難を受けた。その後、日本を好きというのは冗談であり、思慮が足りない言葉であったと謝罪しています。

高校卒業後、俳優を目指して単身ソウルに上京。様々なアルバイトをしながら200以上のオーディションを受けました。

上京時の持ち金は30万ウォン(約3万円)のみ。俳優になることを両親から反対されていた為仕送りなどは全くなく生活費の為いくつかのバイトを掛け持った。

住み込みでバイトしていた時の部屋は店の屋上にあるゴキブリの多い小さな部屋だった。バイトとオーディションのつらい日々が続いていたがその時の苦労があってこそ今の自分があるとインタビューで語っている。

ホテルビーナスの撮影の為に来日した際、所属事務所の経営も苦しかった為滞在経費が出ずマネージャは帰国、ジュンギ一人が日本に残り撮影を続けた。その後ホテルと撮影を往復する日々の中で生活費の為に居酒屋でバイトも始める。
もの凄い根性です。日本語もこんな経緯で多少話せるようになったみたいです。

日本ファンへの動画で、日本語のあいさつをしてくれたりします。

特技はダンスとテコンドー。舞台挨拶やコンサートでたびたび腕前を披露している。

TWICEの「TT」を踊ってます
ダンスもプロ並み!
2018-2019年のアジアツアーにて「世界に一つだけの花」を披露
歌も上手い・日本語歌詞でもOK
凄いです!
運動神経も良いです!

性格は情熱的であり、親しい友人には「火のようだ」と言われるという。

2005年『王の男』で中性的な役を演じたが、ジュンギ自身は長身で声も低かったため、共演者のカム・ウソンに「どうしてジュンギがこの役なの?」と不思議がられた。

王の男(2005年)
左人物がイ・ジュンギ

酒好きで、飲むときは倒れるまでとことん飲むタイプ。ただし、撮影期間中は飲まないよう自粛しているようである。

映画の撮影で京都に滞在していた時、ホストクラブにスカウトされたことがある。

2008年7月:10月に開催される『ソウル韓流フェスティバル』の広報大使に委嘱された。

2008年8月11日:法制局60周年記念行事で、「名誉法制官」に任命された。

法制処によると、法令文化を身近なものにし、法制業務に対する国民参加や関心を高めるため、ドラマ『イルジメ〜一枝梅』などで親しまれているイ・ジュンギを名誉法制官に任命したとのこと。

座右の銘・好きな言葉は「若い頃の苦労は買ってでもしろ」日本のインタビューで日本語で答えているが、韓国にも同じ意味の言葉があるとのこと。

カトリックの為十字を切る姿も映されることがあり、デビュー当時からつけているピアスの十字架は亡くなった祖母の愛蔵品を利用して作ったもの。

『王の男』以降に出演した映画二本が相次いで興行に失敗した事により改めて俳優として初心から出直すきっかけになったとトーク番組で語っている。

『王の男』ボーナス出演料や化粧品VOVのモデル料を全額寄付するなどチャリティー活動を行う事が多い。その為アジア各地でファンが彼の名前で寄付をする事が頻繁に行われている。

朝鮮ガンマン(2014年作品)

先述の通り、日本人に似た顔つきをしているが、2014年放送の主演ドラマで19世紀後半の李氏朝鮮を舞台とする『朝鮮ガンマン』では父が殺された挙句罪人の汚名を着せられ、自身もまた罪人の子のレッテルを貼られた挙句に何者かの銃弾で撃ち殺されたかに見えたが、実際には生き延びて陰謀の全容解明を目論むべく、「日本人商人の長谷川半蔵」と身分を騙って行動する朝鮮人のパク・ユンガン役を演じた。この作品の中では、朝鮮人ながら日本人に成りすましているという設定から、台詞の中で日本語を発する場面がある。

2018年時点で「アカデミー賞をとること」が夢であると公言している。

出演作品

2021年11月現在までに以下の作品に出演していました。

TVドラマ

映画

ミュージカル

  • 生命の航海(2010年)

ミュージック・ビデオ

CM

  • 男性化粧品ブランド 「VONIN」(韓国)
  • 女性化粧品ブランド 「LacVert」(韓国)
  • ロッテ飲料水 「美女はザクロがお好き」(韓国)
  • サムスン電子 携帯電話 「Anycall」(韓国)
  • 衣料品ブランド 「SPRIS」(韓国)
  • 男性用シャンプー 「LONGLIQI(隆力奇)」(中国)
  • 清涼飲料水 「Pepsi」(中国)
  • music.jp(2012年、日本)
  • 化粧品ブランド 「Pene Green」(2019年韓国)
  • ロッテ七星飲料「チルソンサイダー」(2021年 韓国)

作品

音楽CDやDVD、写真集、書籍です。

音楽

シングル

アルバム

DVD

写真集

書籍

2021年秋インスタ画像

ソウルの朝を見せたかった、とコメント。

本当に39歳なんですかね?めちゃくちゃ若いじゃないですか!

撮影前のメイクの写真ですね。かっこよくて美しいです。何の撮影かと言うと…

2022年に韓国SBSで放送予定のドラマ「アゲイン・マイ・ライフ」ですね。
台本が!
2022年に会いましょう!とコメント。
私も早く会いたいです。
でも、日本で見れるのは、いつになるのやら?

プライベートでのランニングウェアを着こなした姿です。隠せない芸能人オーラがありますね。

料理研究家ペク・ジョンウォンとお酒を楽しんでます。
Netflixシリーズ「ペク・ジョンウォンの呑んで、食べて、語って」和やかな雰囲気のスチールカットを公開
イ・ジュンギらがゲストとして登場。その一場面です。
料理研究家のペク・ジョンウォンが各界の著名人をゲストに迎え、人生、食べ物、そして酒を語り尽くす。トークのお供はもちろん、おいしいお酒と絶品料理。

2021年秋Twitter画像

イ・ジュンギ関連のツイートも沢山上がっています。ファンが多い証拠です。

ソウルの朝を見せたかった
ファンへのサービス心満載ですね
なんと!「TWO WEEKS」が2021年12月22日まで
GYAOで無料配信!見なくては!
麗の人気は根強いですね!
何回見ても良い作品1
イ・ジュンギとIUとカン・ハヌル
麗出演の仲良し3人組♪
微笑ましいです(^^)
爽やか笑顔!素敵すぎて
沼にも落ちますね(^^)
ビョンチャンとお揃いの服

これからの活動 2022年は?

イ・ジュンギ出演確定!!2022年放送予定の新ドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』

イ・ジュンギは、これまでに『TWO WEEKS』や『朝鮮ガンマン』『夜を歩く士(ソンビ)』『麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』といった名作に出てきた俳優だ。
その彼が、2022年に韓国SBSで放送予定の新ドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』に出演することが決まった。
このドラマは、悪に染まった絶対権力者を裁こうとして殺された若い検事が、新たに掴んだチャンスで正義を実現していく物語を描く。
イ・ジュンギが扮する検事の熱血検事のキム・ヒウは、冷静な判断力や粘り強い根性、さらに強い決断力を持って、権力の心臓部の捜査に力を入れていく中で、腐敗した既得権カルテルの中心を開くために人生の再起動を選択したキム・ヒウは、予想できない人生に直面する。

この『アゲイン・マイ・ライフ』は、脚本家のイ・ヘナルが書いた長編小説が原作となっており、ウエブ漫画としても公開されたことのある作品だ。
さらに、監督を務めるのは、『マイ・リトル・ベイビー』や『優雅な一族』を手掛けたハン・チョルスである。

新ドラマへの期待が高まる

そして、イ・ジュンギと共演するキム・ジウンは、ドラマ『黒い太陽』でキープレーヤーとして活躍した女優だ。
彼女は、『アゲイン・マイ・ライフ』で財閥家チョンハグループの会長の末娘で、チョンハ経済研究所の所長のキム・ヒア役を務める。
さらに、自分の立場を利用して悪の政治家チョ・テソプには、ドラマ『夫婦の世界』『バカボンド』や、映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』『インサイダーズ/内部者たち』の出演したイ・ギョンヨンが演じる。
果たして、3人はドラマの中でどのように絡んでいくのだろうか。そして、他にはどんな俳優たちが出演するのだろうか。
上記で挙げたドラマ以外にも数々の作品で演技の経験を積んできたイ・ジュンギ。新作での彼の演技に期待が高まる。きっとすばらしい演技を見せてくれることだろう。今から放送がとても楽しみだ。

イ・ジュンギのSNSや公式サイト

・ Twitter
・ Facebook
・ Instagram
・ 日本公式サイト
・ 韓国公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる