ナムジュヒョク出演ドラマ麗で演じたペガの優しさと萌えポイント(ネタバレあり)

2016年作の韓国の大人気ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」。

一番右端の琵琶を持っているのが「ペガ」

人気俳優ナムジュヒョクが演じた「ペガ」

ペガ

「ペガ」というキャラクターはどんな性格かというと

分かりやすく優しいです。

個性的な8人の皇子たちが出演した、この作品ですが

私はペガが一番優しいと思っています。

どんな所が優しさに溢れていたのか?
萌えポイントも解説していきます。
※ネタバレを含みますのでご了承下さい。

目次

まずはペガという役柄設定の解説と優しさポイント

ペガは初代高麗王、太祖ワン・ゴンの13番目の息子です。

初代高麗王 太祖ワン・ゴン

母親が新羅(亡国の王室の血筋)の出身なので皇子といえど、他の皇子たちとは違い身分が少し下なのです。
この頃は親の身分が子の身分に大きな影響を与えていました。
なので、初めから王権争いからは一歩引いていました。

そんなペガですが、他の皇子たちとは普通に仲が良かったです。

右から2番目がペガ

音楽や絵など芸術にセンスがある風流な皇子でした。

街中の風景を描くペガ

しかし、話の冒頭に第4皇子であるワン・ソが高麗の首都、ソンアクにある皇宮へ帰って来ます。

第4皇子ワン・ソ

ワン・ソは幼い頃に強力な豪族一族に実質人質として差し出され、心に孤独の傷を抱えた人物でした。
実の母親から常に虐げられてきたワン・ソ。
ワン・ソは顔に傷があります。高麗時代は体に傷があると、差別の対象になりました。
そういった理由でワン・ソは仮面をつけています。
これもまた、彼が蔑まれる要因の一つであるのです。

そんな彼が、ソンアクに帰って来ることは他の7人の皇子たちにとっては晴天の霹靂でした。

しかし、ペガはワン・ソに対して蔑むことも見下すこともなく、平静に接しました。

他の皇子たち(特にワン・ソの実の兄である皇子ワン・ヨ)は彼を少なからず、蔑んでいたのです。

そして、ワン・ソが太祖ワン・ゴンの代わりに雨乞いの儀式を執り行い、成功した時も

雨乞いの儀式を成功させたワン・ソに敬意を抱くペガ

「ソ兄上にも礼を尽くさないと」

という周りにも配慮した発言をする所も優しいです。

人を外見や偏見で差別することなく、内面や性格、人となりを見て、
その人を判断するというペガは、人間としてとても優れた人物なのです。

ペガ3

柔和な笑みで周りを和ます姿も、萌え!です(笑)

主人公ヘ・スとも仲良しになる心の広さもまた優しさ

まずは、なぜ?主人公ヘ・スと仲が良くなったか?と言うと、
大事な人を失ったという共通の体験があるからです。
その大事な人物の名前はへ・ミョン
第8皇子ワン・ウクの妻です。

へ・ミョン
左:ヘ・ミョン 右:ワン・ウク
夫婦の2ショット

ヘ・スにとっては又従姉妹であるへ・ミョンがペガの想い人だったのです。

コ・ハジンだった現代から、高麗時代にタイムスリップしてヘ・スになった時、
混乱していたヘ・ス(コ・ハジン)に優しく接したのがワン・ウクミョンでした。

ヘ・スは思慮深く優しいミョンに恩義を感じていたのです。

左:ヘ・ス 右:ミョン

それと同時にワン・ウクにも恋愛感情を抱いてしまっていたのでした。

それを知ったペガはヘ・スとワン・ウク対して悪感情を抱きます。

ワン・ウクを想うヘ・スに怒りを覚えるペガ

体の弱いミョンは夫の子供は産めない。
そうすると妻としての役割を果たせない事になってしまうのです。

お互いに惹かれ合うヘ・スとワン・ウクにミョンは潔く、

へ・ミョン

第2夫人をお迎え下さい、旦那さま

とワン・ウクに嘆願します。
そして、ミョンはとうとう先に天国へ旅立ってしまったのです。

ペガとヘ・スはお互いにミョンという大切な人を失いました。

ヘ・ス「(ミョンに)また会えるかな?」
ペガ「会いたかったら私に会いに来い」

悲しみを共有した二人。
ペガはヘ・スに対する悪感情を忘れ、一緒に酒を飲み交わすのです。

ミョンを偲びお酒を飲んで仲良くなるペガとヘ・ス

この一件ですっかり仲良しになったペガとヘ・ス。

でも、ペガの立場なら普通ならヘ・スを許せるでしょうか?
多分無理だと思うのです。

そこを許して、さらに仲良くなっちゃうペガはとても心が広くて優しいと思います。

ウヒとの恋愛においても優しさで溢れている!

高麗によって滅びた後百済(フベクチェ)の皇女であるウヒ
性格は気高く、真の強い女性です。
品がり優しいペガとは対照的かも。
そんな彼女とペガは運命的な出会いをするのです。
ウヒたち後百済の民は敗戦して逃げ落ちている途中でした。
その様を絵に描いているペガに対して…

ウヒ
初めて会うペガとウヒ
ウヒ

絵にしてあざ笑うな

とキツい一言。
ウヒにとってはペガの第一印象は最悪でした。
ペガは悪気は無く、世の中の事を絵で知らせたかったというだけだったのです。

亡国の民を我が子のように想っているウヒ。
後百済の憎き仇である太祖ワン・ゴンの暗殺計画を、
高麗の佐丞(チャスン)パク・ヨンギュから持ちかけられます。

左:パク・ヨンギュ 右;ウヒ

この計画のために高麗皇宮へと接近していくウヒ。
教坊(皇宮の芸妓を養成する機関)の踊り子になります。

教坊の新人の踊り子を覗きにやって来たペガ
何と、ウヒが新人だった

しかし、皇宮に接近すれば、自然とペガとの距離も縮まっていったのです。
次第に惹かれ合うペガとウヒ。

剣舞の稽古をするウヒに優しい一言
その一言が心に染みるウヒ
ヘ・スに教えてもらった現代語(笑)

しかし、暗殺計画実行の日がやって来るのです。
ウヒは合評会に剣舞の踊り子として参加するのですが、
その剣でワン・ゴンを殺害する計画だったのです。

合評会
中央:ウヒ
ワン・ゴンへ殺意を抱いた眼差し
遠巻きから合評会を見に来たペガ
体調が悪いワン・ゴン
ワン・ゴンへ剣を向ける!

ウヒの剣がワン・ゴンに向けられたとの時、
それをペガは命がげで止めます。
ペガ自身がウヒの剣に刺されて。

刺されるペガ

このシーンは麗の見どころの一つと言っても良いです!

ペガはウヒを救いたかったから、こんな行動に出たのでしょう。
皇帝殺害犯は死刑でしょうから。

現代では命を張って誰かを守るなんて、
なかなか無い事だと思うのすが、
かなり萌えますね!!


からくも、ワン・ゴンは合評会中に病に倒れ、ウヒの暗殺はうやむやに終わります。

後日、ペガとウヒが会います。
なぜ、あのような事をしたのか?問いただすペガ。

ウヒは後百済の人間で家族全員をワン・ゴンに殺されたのだという。
生き残ったのはウヒだけ。

悲しい過去をペガへ打ち明けるウヒ
優しくウヒを抱き寄せるペガ
ペガは自分の父親がした事に対して謝ります

ペガは自分の父親が犯した罪を謝ります。

ペガ

敵の息子で済まない

まるでロミオとジュリエットのようです。

互いに想いあっているのですが、簡単には成就出来ない切ない恋。
そんな展開が非常に面白かったです。
二人の恋の結末は…ぜひ作品をご覧下さい。
涙なしではいられませんでした!

ファンのツイッターでの反応は?

ペガの優しい瞳♪
https://twitter.com/Haneyroll88/status/922323478581166080
凛々しくて優しい所も良いですよね
https://twitter.com/HIBINU1111/status/1106859214079553536
ペガがかっこよかった!
同感です!
優しいペガ皇子
みなさんペガの優しさに気付いてますね
https://twitter.com/yuzuxneko/status/1371615220142022656
絵に描いてしまう位好き
優しいエピソードで溢れてます

多くの方が、ペガの優しさに気付いていますね。
同感な意見ばかりです。

麗ーレイー花萌ゆる8人の皇子たちが無料で見れる動画視聴サイトは?

一番のオススメはU-NEXTです。

U-NEXTなら31日間無料でお試し視聴ができ、
約1,000作品以上の韓国・アジアドラマが見放題で視聴できます。
無料期間中に解約すれば、料金はかかりません。
「麗ーレイー花萌ゆる8人の皇子たち」の日本語吹き替え版が視聴できるのもU-NEXTです。

まとめ

一言では語れない、ペガの優しさを感じて頂けたでしょうか?

孤高の第4皇子ワン・ソ。
自由とは程遠い高麗時代に自分の意志を強く持ち続けたヘ・ス
亡き後百済と家族を想う、気高い元皇女のウヒ

ペガが大切にする人たちは、皆人間としての品性が高かったように思います。

そんな人たちだからこそ、ペガは優しくなれたのではないでしょうか?
そして、ペガ自身も3人に劣らない品性の持ち主だったと言えるでしょう。

ペガを演じたナムジュヒョクのこれからの活躍にも注目です。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる